« 「卒団式~写真~」 | メイン | 「ミニコン~写真~」 »

『ミニコン!(ミニキツネじゃないよ)』~舞台監督日記~

ミニ・コンサート。
その名の通り、1時間ちょっとのコンサート。
団員とその家族中心の小さいコンサート。
普段の演奏会では見られない光景が沢山見られる微笑ましいコンサート。

今年は【杉児の愛・絆・楽しさ・品格】を表現しようと案を練りました。

小3以下のちびっ子達は学年毎にステージに上がって顔見せ(!?)
定演やコンサートでは、背が小さいのに後列で隠れてしまう年少・年中さんたちもバーンと前列!
普段のレッスンでやっているようなことをステージで伸び伸びと!
でも、レッスンと違って皆お揃いの制服を着ているから気持ちもピシッ!
本番みたいにステージ明かりの中、制服に身を包み、ちよっとお姉さん気分。

親御さんたちもいつもの【レッスン見学】とは違う、新鮮な感覚で観られたのではないでしょうか?

ミニコンの特徴と言えば【卒団式】
毎年必ず行われる卒団式はミニコンとセットになっています。
杉児の場合、中学2年生修了まで在団した子が卒団します。(中3になった春)

毎年、「卒団生代表のあいさつ」というものがあり、それはそれは立派な挨拶がされています。
高学年の親御さんはもちろんのこと、低学年の親御さんたちはこの挨拶を聞いて、
杉児の伝統を知り、音楽を通して人間としての躾をきちんと受けている、
杉児の団員としての誇り・品格を改めて感じる機会なのではと思います。

又、団員達も卒団生の挨拶を聞くとピシッとします。
幼稚園団員にはまだ難しいことですが、小学校低学年にもなれば、
後少しで大きい団員の仲間入りだと感じしっかりしてくる子もいます。
中堅団員達も、勉強・部活の両立、受験…いろいろ悩んでいるけど、
こんなにも近くに同じ悩みを乗り越えて、又、立ち向かっている先輩たちを感じられて、
励みになる子も沢山います。

卒団式~ミニコンを見ていると、3才(現在2才ちゃんもいます)
~大学4年生までの縦のつながり。
そこから見える杉児の伝統と誇り。
又、先生方と団員、団員同士の絆の深さを、強く強く感じられます。

だからこそ、杉児には「愛」がいっぱい溢れており、みんなが感じる「愛」が歌にのって、
聞いてくれる方々を感動させるステージになるんでしょうね。

うん!最初に書いた今年のミニコン「杉児の愛・絆・楽しさ・品格」と繋がりましたね!

Calendar


<   May 2013   >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31