« May 2013 | メイン | July 2013 »

June 2013

June 1, 2013

『ウラオニ。旅に出ます』~舞台監督日記~

やっと、演奏旅行プログラムが決まりました!
杉児の演奏旅行は9月の定演のプロとは全く別!何一つかぶらない。
こっれてかなり大変!限られたレッスン時間で仕上げないければならない。
もちろん、定演のレッスンと並行に。。。。。。

例年、前年度のものからピックアップしてプログラムを作る。
今年で言えば、2012サマーコンサートと第48回定期演奏会のもの。
しかし「ウラオニ」を持って行くのは人出不足でまず無理。

2012サマコンはミュージカルをやっていない…う~ん…。
2年前に演った『ながぐつネコ』!? 
でも、これは今年の演奏旅行で歌わせて頂く “土岐”で昨年演った…う~ん…。
じゃ、土岐だけ別プロ?イヤ…これはかなり子供たちの負担が大きい。
何せ、演奏旅行のレッスン量は少ない!ほとんどレッスンせず、
自力で仕上げなければならない。でも。ウラオニは…う~ん…。
いや!待て■ 本当に無理!?

私はあんなに「作品を愛して!」と皆さんに訴えているのに本当に無理?
「ウラオニ」を広めなくていいの?演奏旅行は、皆さんに作品を知って頂く
最大のチャンスじゃないか!DVDで見るのとは違う生で見る臨場感。。。。。
そう思うと、何だか使命感に燃えてきた!  
本当に無理?とよ~く考えてみた。

しかし、考えれば考えるほど人手不足、会場広さ、荷物運搬方法…問題は山積み。
どう考えてもバスに荷物が乗らない!どうしよう~!トランポが欲しい。
う~ん…ヤバイ!キャストが揃っていない!
う~ん…1人で考えるとドツボにはまっていく。

そこで、まず大学生トップの2人に相談・・・というか話をもちかけてみた。
これだけのハイリスク・デメリットありだけど、どう?…と。
トップの2人は数日後「それでもウラオニをやりたい!」と答えを持ってきた。
そう!気持ちは同じ!
“ウラオニを広めたい”
“いい作品に出会えた自分たちは幸せだ”

②へつづく

June 3, 2013

『ウラオニ。旅に出ます』②

“ウラオニを広めたい”
“いい作品に出会えた自分たちは幸せだ”
“この幸せをみんなに伝えたい!”  
そうだよね…。よしっ!

そこから一気「無理」を「できる」に変えるべく思考思案する日々…。
少し先が見えてきた!麻子先生に「GO!」をもらい、
演出助手の大学生と台本片手に打ち合わせ開始。
少ない人数で布を捌くこと。
少ない裏方で布捌き影コーラス早替えSE出しをやること。
考えてます!現在進行形。
稽古は7月から。数回のレッスンで仕上げます!
やるっ!と言ったからにはクオリティーは下げないぞ!頑張ります!
乞うご期待!

PS.バスに荷物…乗らなかったら…(-_-:) コワイコワイ…

June 11, 2013

『愛のために』~舞台監督日記~

ミュージカル【コーラスライン】のナンバー。ラブバラード。
杉児の1970年後半からのポピュラーレパートリーの一曲。
大学生や高校生が、清潔感ある声でしっとり歌うとなかなかいい感じです。

「さよならは ひとときだけよ。耐えていきましょう」

う~ん…まだまだ青い高校生、大学生には、この意味はわかるまい。
…と、感情込めて“いい曲だな~”と、浸って歌っていた私。
その時、麻子先生が団員に向かって『清潔に!!』と注意。 (◎-◎;)ドキッ!!とする私。
何を隠そう、麻子先生の一番近くで歌っていたのは私。 
しかも、かなり感情込めて…それが一瞬にして口パク(^.^;

『清潔に!!』という言葉に過剰反応!? だって、アモーレ(おば様合唱集団)で歌っていると、
もっとドロドロだから…つい…
『清潔に!!』という注意は『不純よ!』と注意されたも同然!!しかも私!?

この話をレッスン帰りすぐ、麻子先生に話したら、バカウケされてました。
大学生にも。。。もちろん次のレッスンでは、大人しく歌いましたよ(^.^;
そしたら、隣で歌っていた小4の子の声が良く聞こえてきました…

『別れても、離れても、消されぬように…
あすの、愛の…愛の…愛のために、捧げましょう…捧げましょう』

う~ん…ちょっと笑える(^.^;いや…笑ってはいないですよ。
小4なりの解釈で歌っているんだろうな~…と、
40才過ぎて同じ曲を熱唱してしまう私は、不思議な感覚でした(^.^;

追記。先日のアモーレレッスンでビートルズナンバーを歌っていた時のこと。
♪シュッシュ~ シュッシュ~♪って、リズム出してスキャットで歌う箇所。
アモーレおば様集団は、下手だった。キレがめちゃくちゃ悪かった。
その時、麻子先生が『郷ひろみ!』と注意。すぐ、めちゃくちゃキレが良くなったスキャット!!
注意の仕方って重要だな~と、つくづく思った出来事でした。

June 17, 2013

『衣装探索ツアー①』~舞台監督日記~

「衣装」なるもの。なかなかの曲者。

ミュージカル衣装はここ数年どんどんグレードアップ■
ステージを成功させる舞台要素の中でも重要な一つ。
照明・音響・演出・振付・脚本・作曲といった、
表現者&パフォーパンスを支える要素の中でも、衣装は視覚的にもかなり重要ポジション。

ミュージカル衣装と言えば、製作スタッフ達の並々ならぬ苦労の末の傑作。
しかし、ポピュラー衣装。。。。ちょっと地味な存在である。
王道の制服!華やかなミュージカル衣装との狭間で難しい存在なのである。。。
しっかりコンセプトを決めないと大変なことになる!
イメージだけで話していくと統一感は出ないし、衣装として成り立たない。

更に杉児の場合、基本的にはポピュラー衣装は個人で用意する。
ここ!これがかなりの曲者! 
用意しなくてはいけないご家庭の苦労が偲ばれる。。。

そこで、今回初の試み!『衣装探索ツアー』を決行!
今回は中1以上の希望者を募った。
大人気でほとんどが参加!20名以上となった。
(やはり、ご家庭で用意するのは大変なんですよね~…正直わからないんですよね)

      衣装探索ツアー②へ続く…

June 24, 2013

『衣装探索ツアー②』~舞台監督日記~

休日の新宿に20名以上の集団がゾロゾロ行くわけにもいかず、
2班に分け、大学生がそれぞれ引率。

卒団生でもあり現スタッフのKちゃんが、先乗り隊で10時開店とともに入店…
午後やってくる第1陣を迎え撃つために、リサーチ&キープ。

到着した第1陣に次々と似合う服をコーディネートし、個々の予算と照らし合わせチョイス。
いや~!プロのスタイリストかと思いました。さすがKちゃん!

大学生もチームワーク良く動く。
決まった子2~3人ずつまとめ、どんどん帰宅させる。
もちろん、1グループに大学生が1人、ちゃんと引率でつく。
店と新宿駅、新宿駅と荻窪駅を何度も往復する大学生もいました。
本当に、本当にご苦労様!

そして!そして!何ト!麻子先生も助っ人に!
お忙しい麻子先生が中高生とお買い物!
夢のようなシチュエーションに中高生のテンションも上がる!上がる!
麻子先生もファストファッションデビュー!テンション上がる!

そんなテンション上がるみんなとは裏腹に、朝一からのKちゃんは
「これから第2陣がやってくるんだ・・・・」と少々お疲れモード。
そりゃそうだよねー。平日は丸の内オフィスレディー。
バリバリ働いているのだから。
いつも親身になって合唱団の為に動いてくれるKちゃん。
本当…頭が上がりません。ありがとうね!

第2陣も無事に終えて、ヘロヘロになった大学生。本当にお疲れ様でした。
休日返上で合唱団の為に貢献してくれて感謝しています!
麻子先生がその後、お茶に連れて行って下さり、少しは報われましたか?良かったですね。

ハードな『衣装探索ツアー』でしたが、おかげで先週のポピュラー衣装合わせ。
90人近くの衣装パレードを1時間ちょっとで終わらせることができました!
しかも完ぺき!素晴らしい■ 
大学生の組織力が物言った衣装合わせでしたね。
その後の1人1人へのフォローや情報管理・情報共有も見事でした!

さっ!次はミュージカル衣装だ!
衣装部さん頑張れ~!

Calendar


<   June 2013   >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30