« December 2013 | メイン | February 2014 »

January 2014

January 10, 2014

2014初レッスン

明けましておめでとうございます。
今年は杉児の第50回記念定期演奏会があります!
なんともまぁ~おめでたい!!!

記念すべき2014年!
今年も杉並児童合唱団と共にこのスタッフ日記も宜しくお願い致します!

今年の初レッスンが1/8(水)に行われました。

まっ、運動部みたいに必勝祈願しに神社へお参り…なんてこともなく
普段と変わらないレッスンです。

しかし、お正月休みあけとあって、チビッ子パワーさく裂!
元気!元気! 元気いっぱいのレッスンでした。

いいですね~。チビッ子たちの笑顔!

お姉さん団員の「本番まで後4回のレッスンで覚えさせなきゃ!!」
という、焦りなど全く「関係ないもんね~」と、マイペースで動くチビッ子たち・・・

客観的に見ていて、悠々自適のチビッ子たちと、
顔は笑っていても心は焦っている高校生たち・・
何とも複雑な気分のレッスンでしたよ(^0^:)

全員の初レッスンは水曜日でしたが、
その前日、杉並区に賀詞交歓会のお仕事で朝から集合していたメンバー。
午後には出番も終わり、いつものレッスン場が控室として頂いていたので、
そのまま、夕方までポピュラーメンバーのレッスンをしておりました。

そっ・・・ポピュラー。
この期に及んで、まだ正式プロが決まらず。
しかも、削る作業ではなく、足していく作業・・・

後レッスンは何回?
みんな、暗譜できる???

私が現役団員だったら…考えるだけで怖いですが、
みんなは違う!(よね?)
脳みそがハツラツ元気印のみんななら、きっとできる!
絶対できるからね!

明日のレッスン、頑張ろう!

January 15, 2014

緊張感漂う

来週がもう本番!
2014ニューイヤーコンサート。

なのに、今週末もう1つ本番が幕を開ける。
オペラ『夕鶴』

【豪華布陣(ドリームチーム)が送る日本の美の真髄】
と謳われている、市川右近さん演出の新しい『夕鶴』

今週はオケ合わせやゲネプロで、夕鶴出演の団員は
レッスンが抜けてしまう。

なのに、今日これからのレッスンで、新曲を初譜読み・音取り・動きつけ

夕鶴メンバー…主格達。
今週はレッスンには参加できず、夕鶴に賭ける!

そして、来週水曜日、本番直前1回の練習で
ニューイヤーコンサートで歌うポピュラーナンバーを覚える・・・

かなりの緊張感ですね!!

こういうの大好き!

そして、さらっとやってのける団員達が大好きです!

夕鶴の初日が無事あきますように・・・心から願ってます。
そして、ニューイヤーコンサートの大成功を願って・・・
レッスン行ってきます!

January 24, 2014

武者震い!?

いよいよ、明日本番です!
練習もバッチリ、準備万端整いました!

昨日の最後のレッスン(選抜メンバーのみ)では、
みんなの気持ち・思い・繋がりなどメンタルな部分も
穏やかに且つエネルギッシュに満たされていったように思います。

私が現役で一番上の学年で引っ張っていた頃。(今の団員はほとんど生まれていない…(T0T)
自信満々で本番の日を迎え、何一つ不安材料はない!と家を出るのに、
会館に到着すると必ず不安に襲われていた。
何故だろう?
何も心配する必要はない!と自分に問いただしているのに、
結局1人大声で雄叫びをあげたくなる気分になる。(野生化してる!?)

そんな私に、友人の一人が「それこそ【武者震い】だね」と言った。

そっか!【武者震い】!力がみなぎっているからこそ、震えるんだ!
良い緊張感なんだ!…と勝手に自分なりの解釈してました。

それからというもの、袖にスタンバイの時、震えが止まらなかったり、
出番直前にぶるっと震えたりする度に【武者震い】なんだ!
良い緊張感なんだと思うようになり・・・随分落ち着けるようになりました。

逆に今では、緊張感が懐かしいぐらい(^_^:)
平常心過ぎることも多々あり…

いや、そんなことではなく…

きっと、団員の中には緊張して緊張してたまらない!って子もいるでしょう。
あれだけ頑張ったのに!あんなにレッスンしてきたのに!
それでも不安でたまらない子もいるでしょう。

でも大丈夫!
それは、頑張ってきた証の【武者震い】なんだよ。
良い緊張感なんだね。(私の勝手な解釈なんですが…)

あれだけ、みんな学校との両立をしっかりやり、
体調管理も厳しくやって、レッスンにレッスンを重ねてきたんだから、
絶対大丈夫です!

明日は思いっきり、心から楽しんでステージを努めて下さい。
歌が好き!!杉児が好き!!仲間が好き!!
という思いを込めて。。。。
又、そのような環境に居られることに感謝して。。。。
周りで支えてくれている人々に感謝して。。。。

笑顔と思いを込めて歌って下さいね。


January 27, 2014

間違っていなかった!

先日行われた2014ニューイヤーコンサート。
大勢のお客様にお越し頂き、温かい拍手を頂戴しました。
本当にありがとうございました。

いつものように、開演まではドタバタあっという間。

本ベルが鳴り、演奏が始まるとやっと私の気分は落ち着きます。

「幕を開ける」という私の大役は終えてホッとはするものの、
また別のドキドキが始まります。
ステージにいる1人1人のレッスンしてきた苦労や思いを考えると、
みんなの意気込みが私をドキドキさせます。

ドキドキしながらも下手袖からずっと舞台中を見つめていました。
すると、ドキドキは薄れ、私の心は嬉しさと希望に満ちてきました。

いつもとは違う感覚・・・。

それは「間違っていなかった!」という確信を得たからだと思います。

50年前の杉児とはだいぶスタイルが変わった最近の杉児演奏会。
賛否両論はあるものの、私は「間違っていない!」と、再認識。

時代の流れと共に、変わるべくスタイルを柔軟に変え、
且つ、決して変えてはならない杉児の精神はしっかりと受け継がれ、
【透明感のある澄んだ歌声・弾けるリズム・表情】
志水先生の創り上げた「音楽・声」は何一つ変わっていない。

そして、杉児がずっと大切にしてきた
【礼儀・絆・愛情】
全く色褪せることなく、むしろもっと強く濃く受け継がれている。

時代と共に、子どもたちの取り巻く環境がどんどん変わり、
忘れ去られそうな【礼儀・絆・愛情】

しかし、この子達はきちんと音楽を通して、合唱を通して
肌で感じ、耳で感じ、目で感じ、心で感じてくれているんだな・・・
と、みんなが歌っている姿を見て思いました。

この思いは、ひいき目で見てる私だけでなく、
きっと、この会場にいらしているお客様も感じてくれたのではと思います。

簡単なことに思えそうですが、
それには心に余裕がないと難しい…

だからこそ、杉児の子たちはレッスンに集中し、
貪欲に脳をフル回転して臨んでいる。

日々これらの積み重ねの結果が心の余裕を生み、
感謝の気持ちや人との繋がりに喜びを感じることができるんですね。

このような経験ができ、達成感を味わえるのは
とても貴重なことで、幸せなことです。

そして、これこそが杉児が音楽を通して
ずっと伝え続けてきたこと。

杉児創立50年経った今、
変わるもの変わらないもの・・・

どちらも間違ってはいなかった!

確信持てた2014ニューイヤーコンサート。

また、一歩前へ進める。
壁にぶつかっても乗り越えられる。

私の背中を押してくれたコンサートとなりました。

みんなの頑張りに心から感謝をします!
ありがとう!